タイトル
HOME > 日本一周の記録編 > 実現 > 旅の日記(目次)> 2002年08月17日
120日目
2002年8月17日(土)
【天気】曇り時々晴れ
【記録者】とっこり
「女満別空港の無料牛乳」

昨年女満別空港からスタートしたツーリングは、知床を周遊したあと弟子屈を通って釧路に向かうものだった。
そんなこともあって今回は知床方面は行かないでおこうと思っている。
もちろん何度行ってもおもしろいところだとは思うのだが、日程の都合上そろそろ北海道を出ないといけない時期にきているからやむを得ずパスするというわけだ。
そのかわり、屈斜路湖周辺はゆっくりするつもりだし、熱を出して断念した釧路の和商市場は是非行きたいと思う。

今日の宿泊予定地は美幌町のキャンプ場にする予定だから女満別は本来なら通過してしまうところだが、昨年のツーリングの出発点ということ、空港内に無料で牛乳が飲めるところがあるのを知っていることもあってちょっと寄り道することにした。
空港が近づくにつれてみたことのある景色が広がりなんだか懐かしい気持ちにもなったが、余韻に浸る暇もないくらいすぐに空港に到着した。

空港に着くと真っ先に牛乳のところに向かう。果たして今年もあるだろうかという不安が頭をよぎったりもしたが、なんてことはない昨年の同じ姿で牛乳サーバはそこにあった。
さっそく紙コップを取り注いで一気に飲み干す。
うまい!!
やはりうまいここの牛乳。
いったいどこの牧場から運んできているのだろう。
きっと朝搾りたての乳を産地直送で運んできているに違いない、そう思うほどうまい。
こんなうまいもんを一杯だけでやめるのもどうかと思ったが、すぐ横には「お一人様一杯で」の張り紙が。
うーん、飲みたい。
実はこの牛乳サーバ、観光案内所のすぐ横に設置されていて案内所のお姉さんが管理・監視をしているようなのだ。
このお姉さんが目を離した隙を狙ったらもう一杯飲めるのでは?という考えが頭に浮かび、しばらく様子を見ることにした。

 それから数分後、お姉さんは席を外した。
裏へ行ったかと思うと近くにあった冷蔵庫から何かを取り出すのが見えた。
・・・赤と白の・・・牛乳パック。
よつ葉牛乳だ!
ん?まさかそれを牛乳サーバに補充するなんて事はないよな。
だってさっき飲んだ牛乳、めっちゃうまかったで。
あれが市販の牛乳だとは思えない。きっと休憩でお姉さん自身が飲むのだろう。
そう思っていると牛乳パックを持ったお姉さんはつかつかと牛乳サーバに歩み寄り、あろうことか手に持っている牛乳をサーバに補充し始めたのだ。

見てはいけないものを見てしまった・・・
まさかよつ葉牛乳だったなんて。
あんなにうまいと絶賛した自分が恥ずかしい。
もし最初の一杯で満足して出発していたら、もし観光案内所のお姉さんがもう少し後に牛乳の補充をしていたら、きっと真実を知らないままこの先幸せな日々を送れたに違いない。
まあ見てしまったものはしょうがないし、うまいもんはうまい。
それでいいじゃないか。開き直ってもう一杯頂くことにする。
うん、やっぱりうまい!





移動
出発地 北海道佐呂間町 キムアネップキャンプ場
到着地 北海道美幌町 みどりの森キャンプ場

今日の出費
3051円

走行データ
走行距離 72.4km
総走行距離 4715.2km
走行時間 4時間27分
平均速度 16.2km/h




前の日記へ | 目次へ | 次の日記へ








100MB無料ホームページ可愛いサーバロリポップClick Here!